2005年11月20日

点滴

今だ原因がピンとこていないが、とにかく、ひっどい下痢に陥った。

なんかお腹が張ってるなぁ、と思ったけど、食べすぎで太ったか、いかんいかん。程度に思っていた昨日朝。
しかし、3時間目終了後、吐き気が襲ってきた。必死にこらえて、吐くと気持ち悪いから吐くものか!(すでに気持ちは悪いんですけど)と、それはなんとかおさめたものの、トイレに行ったらスバラシク下していた。
友達と、お腹を下しては“It's like a Water fall"と笑いあっていたけど、ほんとにWater。
数ヶ月前、プロビンスに行ったときもひどく下したけど、それを凌ぐ勢い。
腹痛も無く、まさか自分のお腹がそんな状態だとは想像もしてなかったから、は?なんだ!?と一人トイレで驚いた。

午後はオフィスで、寝床とトイレを行ったり来たり。
薬を飲んでも直後に吐くし(結局吐いた。)、熱は出てくるし、だるい。体が薬を含め食べ物を受け付けない、どーしろってんだ、栄養も取れないじゃないの、という状態。

結局、“うち来る?”との日本人ボランティアの友達の言葉に甘え、彼女の家で休ませてもらうことに。“一発で効くよ”という抗生物質を飲み、効いてくれることを祈りつつ寝た。(トイレ行ったり来たりで寝付いたのも遅かったけど。)

朝。
…抗生物質、効果発揮しておらず。菌に敗退。
7ヶ月、熱を出した時も夜中に落として、授業は一度も休んでこなかったのに、今日は欠席して静養することに。

聞けば今、ボランティアの多くも下痢に見舞われているとのこと。(彼らはシーフード食べて当たったらしいけど)みんなそれでも授業出てるのに、休んでる自分が情けなかったし、“下痢ごときで休むとは”とか思われてるんじゃないかなー…なんても思いつつ、一日ひたすら寝ていた。

友達がおかゆを買ってきてくれるものの、食欲ほとんど無しでほとんど食べれず(食べず)“水飲んでね”と言われるものの、十分に飲めず(飲まず)で、体は弱ってく一方。
結果、夕方、頭痛いなぁ、と熱を計ってみたら37.8。
…。

“行きたくない〜…”とうだうだしたが、“飲まない、食わないでどーすんの、もう病院行くぞ!”と友達に尻たたきされ、結局、プノンペンにある、海外保険提携の病院に行った。こっちに来たてのころ、何かあったらお世話になる病院、と一度見に来てはいたが、パッと見こじんまーりしている病院なので、ホントに大丈夫か?と思っていた。けど実際入ってみたら、ここ、カンボジア?って思わせる感じにキレイな、ちゃんとした病院だった。

体温、血圧等を測り、原因を調べるため、検便もした。
結果、バクテリアがいるとのこと。  
…バクテリアですか。。

結局、水分出すぎで脱水症状になってるため、点滴をうつことに。医療用語、あんまわからないので、ととりあえずYES、YES、とドクターの診断と処置を聞いて静かに従っていたが、最終的に点滴、4本もうったのには自分でも驚いた。
(点滴うつと、トイレ行きたくなるもんなのね。初めて知った。)

薬をどさっとだされ、今日の診断全部を含めた会計のレシートを見て驚いた。350ドル!!
う〜わ、たっか。。。
保険でキャッシュレスだし、100万ぐらい掛かってるはずだからまぁいーけど。。たかー…。

点滴のおかげで、すっかりパワーレス、食欲ゼロ状態だったのが消えた。食べれる。
そばを作って食べ、薬を飲んで寝た。

熱なし、体力あり、ただし、下痢。
あとはバクテリアが消えてくれるのみ。早くでてけー。でてけー。






posted by さや at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さやぽん、あなたも下痢ですかーーーー!?
大丈夫??あたしは、やっと直ったよ。早くよくなるといいね☆
ってかさやぽんもデリケートだったんだね。笑
Posted by ぴろこ at 2005年11月29日 15:40
“あなたも”とは、つまりあなたもダイアリアだったのね。同士よ(TT)
てかねぇピロ、最後の文、よく意味わからないんですけど?笑 

Posted by さや at 2005年12月04日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。