2005年11月30日

自分のものは自分のもの、あなたのものは‥

センターのオフィス2階でボランティアたちと共同生活をしている私。
全員で10人ぐらいか?

服、靴、風呂用具(シャンプーとか。)、洗濯用具。。自分の持ち合わせが間に合わないとき、結構頻繁に物の貸し借りが行われる。

困ったときはお互い様、もちろんそれは構わない。
けど、ここの問題は、持ち主に許可をとらず勝手に使ってしまうことが多々あるってこと。しかもさらに悪いのが、使った後に元に戻さないってこと。

日曜、一人の子に、洗濯用のブラシをかしてくれ、と言われた。自分は洗濯終わってたし、終わったら私の場所に返しておいてね、と言って快く貸した。

けど、翌日、ブラシは返ってきていなかった。ん?と思ったが、今日は洗濯しないし、まぁいっか、とそのままにしておいた。
もう一日。ブラシは返ってこなかった。

水曜。今日は洗濯DAY。ブラシを使いたい。

彼女に聞いてみた。“私のブラシ、どこかな?”と。
そしたら、“あれ?ん?ない?”と返事が返ってきた。
はい、ないです。
彼女“あ、心配しないで。なかったら買って返すから、心配しないで”。

‥。
人から物を借りておいて、それをちゃんと管理せず無くした末、買って返せば万事問題なしでしょ?という展開。
買うだなんだの前に、ゴメンがないのはなぜ??

良くも悪くも、個人主義の強弱が日本、カンボジア間で見える。
日本の個人主義の強さにも欠点はあるけれど、カンボジアの個人主義の弱さにも欠点あり、と思った。



posted by さや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。